自分のお悩みをズバリと解決してくれるような良い電話占い師がいないか探すことを始めると良いですよ。

電話占いサイトでよく見かける六星占術とはどういった占いでしょうか?

六星占術と言えば、細木数子先生です。世の中のいろいろな事柄を的中させて一大ブームになりました。生年月日から算出した数字をもとにして、6つの星に分類して、その人物の運勢を鑑定する占術です。

■六星占術はどういった占いなのですか?
中国の易学が六星占術のベースとなっています。易学は4000年以上も前から中国に伝わっている「易経」の占いを研究する学問のことです。「易経」は地球の自然や宇宙や自然の中で生かされている人間の運命・運勢を自然界の法則に沿って鑑定する方法です。

古代中国の人たちが賢く生き抜くための知恵の結集です。けれどもデータはあまりにも膨大です。そして、複雑で難解すぎるのです。その「易経」の知識を研究したり学んだりする必要があるので「易学」が生まれてきたのです。「易経」を使った占いの的中率は驚異的な高さですが、複雑で難解なので現代人は手に負えなかったのです。

これをなんとか現代人に活かせる方法はないかと研究したのが細木数子氏です。先生が「易学」で得た知識を活用して研究を長年した結果、「易経」を取り入れて体系化してまとめあげたのが「六星占術」です。

■六星占術の基本的な考え方
誰もが身体の中に小宇宙を持っていると考えるのが六星占術です。この小宇宙は一定の法則に支配されて動いていると考えられています。大宇宙の中にある惑星と同じなのです。大宇宙と人間の中にある小宇宙は同じ法則によって支配されている動いています。

だから大宇宙の法則である「運気」を知る事により、人間の未来の「運命」を予測できるというのが六星占術の基本です。人間の運気は12年周期で循環するとされていますが、人間の一生にも春夏秋冬のようなサイクルがあるのです。その周期は停止を起点にして減退>種子>緑生>立花>健弱>達成>乱気>再会>安定>陰影の順番に毎年変わります。

そして起点の停止に戻ります。人間は誕生してからこの12周期を繰り返し、こどもから大人になります。この運命周期を知る事ができるのが「占命盤」です。

関連記事

コメントは利用できません。